エリザベス2世ソブリン女王1957-1968

  • £425.00


エリザベス2世ソブリン女王1957-1968

エリザベス女王の治世で最初に打たれたソブリンは1953年のものであり、証明形式で打たれたのはごくわずかであり、通貨タイプのコインは存在せず、証明自体は国のコレクションにのみ保持されているため、マーケットプレイス。メアリーギリックによる肖像画のデザインは1957年の通貨タイプの問題の最初の年もまったく同じでしたが、連邦の変更により、BRITT.OMNという単語が表側から削除されたため、この非常に特別なコインについて言及します。ですから、国民がソブリンを初めて見たときまでに、私たちはすでに2番目のバストにありました。

十進前のヘッドソブリンとしても知られているメアリーギリックの2番目の肖像画のデザインは、1957- 1959年と1962-1968年に制作され、1960-61年は存在しません。 1957年には、しばしばグレインと呼ばれるより細かいエッジミリングがあり、単純化することは、1958年以降より多くのミリングがあることを意味します。

-22カラットの金で打たれた
-重量:7.98g /直径:22.05mm
-メアリーギリックの表側
-ベネデット・ピストルッチによる聖ジョージとドラゴンのリバースデザインが特徴
-プレゼンテーションケースをご利用いただけます

エリザベス2世の十進前のすべてのソブリンは、ロンドンのタワーミントで攻撃されましたが、海外のミントでは攻撃されませんでした。示されている写真は単なる例であり、グレードはほぼ流通していません。これらのソブリンは流通を目的としていませんでしたが、ほとんどの場合、銀行の金庫室で長期間袋に入れられた小さな袋の跡が見られます。